転職したいなら貿易事務が最適|自分に合った仕事を見つけよう

注目度は高まっている

男女

日本人のニーズは高い

ベトナムは世界的にも新たな市場として注目されている国です。35歳以下の人口が70パーセント以上を占めており、消費市場としても経済市場としても成長が期待されています。そのため、ベトナムに進出する日系企業は増加傾向にあります。ベトナム現地に住む日本人にとって、この傾向は朗報といえるでしょう。日系企業の進出に伴い、現地での日本人求人も増加傾向にあるためです。ベトナムは人件費が安いという魅力もありますが、日本人でないとできない仕事も数多くあります。特に管理部門は日本人へのニーズが高く、求人のメインは日本人です。日系企業としても本社から人を派遣するのはコストがかかりすぎるので、できることなら現地で求人をだし、日本人を雇いたいと思っています。日系企業に雇われると、日本人の場合は本社への移転もありうるので、よりよい労働環境に変わることもできます。ベトナムでの求人は、製造業が主なものですが、今後は飲食店や小売業も進出してくると予想されており、実際に進出しつつあります。管理部門の求人は日本人が対象とはいえ、あまり数は多くないので、ベトナム人と同じ待遇での求人に応募するのも手です。ベトナム人はコストが安いのですが、品質へのこだわりが甘い、定着率が低い、不真面目な人が多いといったデメリットやリスクもあります。日本人の真面目さや品質へのこだわりを求める企業は少なくないはずです。最初は同じ待遇でも、日本人ならば徐々によい待遇になることができるでしょう。